あっちこっちにーち

行き当たりばったり

CAT EYEのサイコン VELO WIRELESS+を買った

新しく買ったクロスバイクに付けるため、サイクルコンピューターを買っちゃいました!

クロスバイクを買った当初は、お店の人にもサイクルコンピューターはいかがですか?って勧められたんですけど、Stravaとかスマホのアプリでログは管理するつもりだったので、結構ですーとお断りしていたのですが…

サイコンを付けたくなった理由

実際にクロスバイクに乗って走ってみて、Stravaでも確かにログは取れるから不満はないんですけど、実際にいまどれぐらいのスピードが出せているのかがすごく知りたくなって、サイクルコンピューターを付けることにしました。

これなら最初からTrekのお店で買っておけばよかったかもしれない…!

取り付けたサイコン

キャットアイ(CAT EYE) サイクルコンピュータ VELO WIRELESS+ CC-VT235W ブラック

キャットアイ(CAT EYE) サイクルコンピュータ VELO WIRELESS+ CC-VT235W ブラック

取り付けたサイクルコンピューターは「CATEYEのVELO WIRELESS+」です。お値段はamazonで3,500円ぐらいでした。

どこでもよく見かけるサイコンです。僕が中学生ぐらいのころにもCATEYEのサイコンを購入して自転車に取り付けていた覚えがあるんですが、これその頃のものとほとんど同じなんじゃないか…ってぐらい昔からよくあるサイコンな気がします。

良いところ

  • 見た目がシンプル
  • 取り付けが簡単
  • 有線じゃないので見た目もすっきり
  • 欲しい機能は大体揃っている

取り付けも説明書を見ながら、その通りに付けるだけなのですごく簡単でした。ワイヤレス式のサイコンっていいですねー長い線をタイヤあたりからハンドルバーまで伸ばさなくてもいいので、見た目もすっきりしてます。

僕が見たかったリアルタイムの速度も見られますし、走行距離や平均速度、最高速度から消費カロリーまでと必要そうなデータはぜんぶ見られるので買ってよかったです。速度と走行距離ぐらいしか見ない気もしますが…

悪いところ

  • 最初は走り出す前に必ず1ボタン押さなきゃいけない
  • バックライト機能はあるけど、しょぼい…
  • 前輪に鍵を取り付けるときにセンサーに当たりズレることがある

自転車に乗るときに、まずサイコンの真ん中のボタンを一度押さないとスリープが解除されずデータが記録されません。ボタンを押さずに走り出しちゃって、あ!記録されてない…!ってことが2~3度ありました。まあいまの速度を見るために付けているので、何km出てるだろ?あ、スリープ解除忘れてた…とすぐ気付くので問題はないのですが、センサーで動きを感知したら自動でスリープ解除してくれると楽なんですけどねー…

あとはバックライト付きとありますが、下の方にある豆電球みたいなのがポチっと点灯するしょぼいものです…夜間でも見えないことはないですけど、液晶の背面が照らされるわけじゃないので注意。

最後のは個人的なものなんですけど、ワイヤーロックをかけるときにたまにサイコンのセンサーに手が触れてしまってズレちゃうことがあるんですよねー…こうなるとセンサーの角度を調整し直さなきゃいけないので、ちょこっと不便です。

おしまい

そんなこんなで結局サイコンを購入して取り付けちゃいました。

悪いところも書きましたが、このサイコン付けてよかったなーと思っています。Stravaのデータと見比べても間違ってなさそうなので、データも正確に録れているんじゃないかなーと。やっぱりリアルタイムで速度が分かると、こんだけスピード出せてるんだーとちょっと嬉しくなりますね!