あっちこっちにーち

行き当たりばったり

0 SIMをメインにしたけど1ヶ月で解約した

f:id:neachi:20180724161026j:plain

格安SIMは、いままでLINEモバイルを使っていたのですが、安いじゃん…!と先月nuroモバイルの0 SIMにMNP移行したら大失敗しました。

0 SIMがいいなと思ったところ

LINEモバイルは音声通話込みで、毎月1200円(税抜)でした。データ上限は1GB。

僕は普段自宅でWi-Fiを使ってるので、毎月大体300MBぐらいしか使いません。

なので、データ上限1GBで大体最安値に近くて安心できそうなところがLINEモバイルなので、使っていました。

もっと安いのを見つけた

LINEモバイルにしてから1年が経ち、ひさしぶりに格安SIMをいろいろ検索していたところ、nuroモバイルの0 SIMなら500MB未満で抑えれば、音声通話付きでも毎月700円(税抜)で使えることがわかりました。

500円も毎月安くなるのはでかい…!

LINEモバイルもなんだか赤字続きでやばいみたいな話を聞くし、移っちゃおう!と即MNPで0 SIMに移行しました。

実際に0 SIMを使ってみて

初めの2週間ぐらいは、特に通信速度が遅い、なんてことを感じることもなく快適に使っていたのですが、ここ最近外出することが多くなり、2週間目にしてデータ通信量が300MBを超えちゃいました。

LINEモバイルを使っていたときも、たまにこれぐらい使ってしまったことはあったのですが、なんせ上限が500MBになってるので、月の半分で300MB超えてるとすごい焦る…!!

データセーバーをオンにした

f:id:neachi:20180724162010p:plain

そこで、残り2週間を乗り切るためにAndroidスマホに搭載されている機能のデーターセーバーを使うことに…

データーセーバーを使うと、アプリの通信を個別に遮断して、バックグラウンド通信ができないようにし、通信量を抑える効果があるみたいです。

データーセーバーを使うことで、確かに通信量がいつもより減って、少しは安心できたのですが、この500MBという上限にこれからも怯えなきゃいけないのかなーと思うと、辛くなってきました。

0 SIMは従量課金制

f:id:neachi:20180724162213p:plain

0 SIMはデータ通信量が500MBを超えると、100MBごとに100円(税抜)が掛かる従量課金制です。

だからなおのこと、この500MBを超えないように神経をすり減らす必要があるのです…!

いままで使っていたLINEモバイルなら、上限である1GBを超えても低速回線になるだけで、毎月の利用料金は変わりません。

ここが、僕にとって大きすぎる差でした。

使用一ヶ月にしてLINEモバイルに戻る…

ということで、0SIM利用一ヶ月という短さですが、再びLINEモバイルに戻ることにしました。

音声通話の契約期間未満の解約になるので、解約料金が5000円、MNP転出で2000円、合計7000円のダメージ…!辛い…

それでも、毎月この500MB上限に神経をすり減らすのは辛すぎたので、先程MNP転出解約ボタンを押してきました。

おしまい

ただ毎月の料金だけに注目して、格安SIMを選んだ大失敗でした。

でもここらへんは、実際に使ってみないと分からなかったことだろうなーと思います。データ上限にこれほどヒヤヒヤするとは思わなかった…!

幸い、いまならLINEモバイルも基本料金が6ヶ月間900円割引になるキャンペーンをやっているので、それとエントリーコードを併せることで、痛手を少しは和らげることができそうなのが不幸中のちょこっとした幸いでした…

それでもつらい…!