あっちこっちにーち

行き当たりばったり

「スターウォーズ エピソード8」を観てきた

映画 スター ウォーズ 最後のジェダイ ポスター 約90x60cm STAR WARS: THE LAST JEDI エピソード8 レイ フィン ルーク スカイウォーカー レイア カイロ レン R2D2 C3POダース・ベイダー [並行輸入品]

時間が取れずになかなか観に行くことが出来なかったんですけど、やっと観に行くことができました!

(以下ネタバレあり)

感想

スターウォーズファンにとっては感慨深いシーンも多く、エピソード7に引き続いてまた泣いてしまいました。

まさかまたスターウォーズで泣くとは…

初っ端の戦闘シーン、エピソード7では結構な働きをしてたはずなのに、なぜか活躍シーンが大幅に省略されてて、かわいそうだったポーさんが初っ端から、なかなかの頑張り具合で嬉しかったです。

そして、エピソード7では最後にちらっとしか見ることのできなかった、ルーク! あんなに真っ直ぐだった彼が、こんなにへんくつなじーさんになってるとは…と思いつつも、相当なことがあったんだろうなーと、ここらへんからぐいっと映画に引き込まれていきました。

ルークがこっそりミレニアム・ファルコン号に乗り込んで、コックピットにひとりで入るシーン、そしてホログラムのテーブルゲームがあった席にストンと腰を下ろすシーンは、過去のスターウォーズでc-3poやR2、チューイ、ソロ船長などなどみんなで賑わっていた場所に、いまはルークがひとりぼっちでいることを考えると、つい涙が出てきちゃいました。

そんなところからのR2との再開!そしてあの過去のレイア姫のホログラムを出してくるんだから、そりゃあ泣いちゃいます…

そんなこんなで、エピソード8を楽しんで観てたんですが、レイアが宇宙に弾き飛ばされて、宇宙空間の中で目覚めて戻っていくシーン……あそこだけは「ええええ…」と興ざめしちゃいました。 確かにレイアもスカイウォーカーの一族ですが、あれはどうなんだ…

そしてエピソード7でも感じていたんですが、個人的にフィンに感情移入がしにくいんですよねー… なんかひとり空回りしてる感じがして、いるのかな…?って思っちゃいます。なんとなく新三部作のジャージャー感…

今回の三部作は、ただでさえ色々ごちゃついてる感じがするので、フォースの使い手であるレイとカイロレン、そして戦闘機乗りのポーに絞って、フィンがいなければもうちょっとシンプルになるんじゃないかなーと思いました。

フィンがいることで帝国側(ファーストオーダー側)のいろいろなものが見えてくるのもいいんですけどねー… まあでもフィンのシーンがないと今回のエピソードはただでさえ、こじんまり感が凄いので仕方ないのかもしれないですけども…

と、不満を感じるところもありましたが、なにより興奮したのは、まさかのカイロ・レンとレイの共闘! 予告トレーラーを見る限り、そしてスターウォーズの旧3部作を思い出す限り、カイロ・レンを光に引き戻すことができるんじゃないかとは思っていたんですが、まさかあんな形になるとは…… 正直、まったくの予想外でめちゃくちゃ興奮しました。

そしてそして、今回あんまりライトセーバー同士の戦いがないよなーと思っていたラスト、ルークとカイロ・レンが対峙するシーン、荒々しいまでの構えをとるカイロ・レンに対して、ルークの構えが、老オビ=ワン・ケノービがダースベイダーと戦うときの構え方と一緒で、あのシーンが一気にフラッシュバックしてきて興奮は最高潮!

巧みな身のこなしでカイロ・レンの攻撃をかわすルークに、ああ守りも凄くなったんだなーとジーンとして見つつ、ここはやっぱりオビ=ワンと同じように時間稼ぎをした後に……と思っていたらまさかの結末…!

でもこれもどうなんでしょうねー…どうせルークが逝ってしまうなら、本体が来てほしかったなーと思いました。 オビ=ワンとは違い、師匠なりに弟子にいっぱい食わせた形で勝ち逃げしたような形にはなりましたけど、「ええええ…そのまま死んじゃうんかーい…」と思いながら、なんとなく残る消化不良感。

そして、一番最後のシーン、映画でよくみるような実はまだ希望は…的な終わり方もなんとなーく気に入らず…。

全体的にはすごく良かったんですが、あとから思い返してみると、うーん…?と思うところが個人的には多かったです。 ただ逆に、エピソード9でこの先どうなっていくのかがすごく楽しみにはなりました。

やっぱりエピソード8から数年先の話になるんでしょうかねー カイロ・レンもいまはぜんぜん最高司令官っぽくないですし、エピソード9ではもっと強大で絶対的な悪になって欲しいなーと思いました。 そのころには、最後に出てきた少年がジェダイとして登場したりなんかもするのでしょうか。

なんにしても、エピソード7から感じていた、いままでのスターウォーズとは違う、過去から新しいものへの移り変わりの途中がうまくまとめられていた良いエピソードだったなーと思います。

数年後の公開がいまからまた楽しみ! スターウォーズわっしょい!