あっちこっちにーち

行き当たりばったり

大和田美咲ちゃんの発言「いじめられる側にも問題がある」について

f:id:neachi:20160815225804p:plain

2016年の8月15日のバイキングに社畜アイドル兼デザイナーの大和田美咲(みちゃき)さんが出演しましたね!

いじめ問題の根幹部分に関わる結構考えさせられることを話していたので、個人的に気になり、話していた内容をテキストに起こしてみました。

大和田美咲(みちゃき)とは?

ついでに大和田美咲(みちゃき)さんの簡単な基本情報についても書いておこうと思います。

  • フリーランスのデザイナー兼社畜アイドルである。
  • twitterは「 @oowadamisaki
  • セブンコードの運営するサイト「社畜る」のメインキャラクターである。
  • 24時間毎日放送しているFRESH! by AbemaTVの「ブラック企業24時」にほぼ毎日出演している。こちらもメインキャラクター

www.syachi9.black

大和田美咲(みちゃき)さん発言部分

【大和田美咲】:なにもないところからイジメなんて起きないじゃないですか。 絶対その人に何かしらの理由があるから絶対いじめが起きるわけで

私も20kgぐらい今より太ってて、それでいじめられたこともあったんですけど、それはやっぱりデブで、汚かったから、そうやってこう言われただけであって それを痩せること…をしたら、いじめもなくなったので絶対その人になにかしらないと、イジメは受けないと思うんですよ

 (ざわつくスタジオ)

【山本博】:太ってることがさー 太ってることが悪いことじゃないじゃない

【大和田美咲】:違うんです。だからそれで、いやな人もいるわけですよ。不快だと。見たくないと。きっと…

【ブラマヨ吉田】:ほななんかい。きみの考えでは俺みたいなもんはイジメられて当たり前か?

【大和田美咲】:ぜんぶはそうとは言いませんけど、でもイジメられる原因を作ってるわけじゃないですか

【ブラマヨ吉田】:こんなもん、この顔なおれへんやん

【大和田美咲】:そうなったらもう環境を変えるとか…したらいいだけで、黙ってなきゃいけない理由は…

【田嶋洋子】:環境を変えなきゃいけない必要はないでしょー…

【坂上忍】:じゃあちょちょっと異議ありの人の意見聞いていって

まとめ

ごくごく短い部分でしたが、この日のコーナーの中で一番スタジオがざわついたシーンだったのではないでしょうか。

というのも、「いじめられる側に問題がある」というのは確かにインパクトがありますよね。

でも、大和田美咲(みちゃき)さん自身も、過去には太っていてイジメられていたと話をしています。生放送内では語られていませんが、小学校では教室には行けず殆どを保健室で過ごしており、まともに授業を受けられた記憶がないほどだったとか。

それが必死の思いで絶食をし必死に痩せたんだという話を、彼女がFRESHの生放送で話していたのを何度か聞いたことがあります。

子供が20kg痩せるって相当な意志がなければ難しいでしょう。

ブラマヨの吉田さんが話すように、ニキビ跡だけではなく傷や病気など、たしかに自分の力ではどうしようもない事もあります。

しかしながら、「太っている」というのはどうでしょうか。

大人側の出演者が「太っていることは悪いことじゃないじゃない」と話していましたが、はたして本当にそうでしょうか。

たしかに病気で肥満になっている方は仕方がないのかもしれません。

ですが、彼女が言いたかったのはそういう病気で苦しんでいる方たちに、「イジメられるのは諦めて受け入れろ」と、そういうことを言いたかったわけではないでしょう。

自身が辛いイジメを受けていたからこそ、自分が何故イジメられているのかに一度目を向け、直せることであれば直す努力をする。

イジメられる原因を自分から排除することで、イジメられることを回避できるんだという、自分の生きてきた経験から、ああいう風に話していたのでしょう。

番組内ではその後、大人側も未成年側もイジメが無くなることはないという結論に達していました。

なぜ、イジメが起こってしまうのか、それはやはりイジメられる側に原因があるからなのではないかと、今回の放送を見ていて僕自身も思いました。

頭ごなしにイジメは悪い!イジメるやつが悪い!と周りが叫ぶだけでは、たぶん番組で出た結論のとおり、イジメがなくなることはないのでしょう。

「人を変えるのは難しいから、自分が変わろう」そんな言葉があるように、イジメられる側もただ嘆くだけではなく、自分の中のイジメられる原因が解消できるものならば、解消する努力をしてみるべきなのではないのでしょうか。

今日の番組で彼女の発言を聞いて、僕はそのように思いました。

願わくはイジメなどのない世の中になって欲しいものです。