読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あっちこっちにーち

行き当たりばったり

2002/04/07 Sun

・正直、日記に題名をつけるの苦手です。


・今日は親父達がバイクでツーリングに出かけてるので車が空いてます。このまま家にいるのももったいない気がしたので近くのビデオ屋に行ってビデオ2本、中古ビデオ2本、雑誌1冊買ってきました。計2400円。レンタルビデオってこんなに高かったんだね。あ、中古ビデオ買ったからか。どっちにしても手痛い出費です。残金5000円。ハァ。

借りたビデオは観たら感想でも書こうかなって思ってます。ビデオ鑑賞会みたいに。


アガサ・クリスティの「そして誰もいなくなった」を読みました。彼女に勧められて大学に行く時に電車の中で読んでたんですがなかなか読み進めないんで今日一気に読んでしまうことにしました。ミステリーものの小説って僕あんまり読んだことがないんです。っていうか小説自体よく読む方ではないんだけど、これは感想から言ってすごくおもしろかったです。本の名前の通り「そして誰もいなくなった」。予想はしてたんですが、その決められた運命、恐怖と人間不信から逃れよう逃れようとする人間臭さがみててすごく面白かった。あとつっこみ所があんまり無かった気がします。良い意味での。テレビでやってる名探偵コナンとか読んでて絶対こいつ殺されるな・・って分かる人は必ず犯人の手の中で踊らされて殺されます。そういう所で僕は頭の中で「そんなんだから殺されるんだよ。気付よ。もう。」とか、つっこみを入れたりするんですが、この本はそれが無かった。それが驚かされました。犯人の思うつぼにはならず狙われてる人も考えてそれを避けようとしたり、でもそれでも実際はそれも犯人の許容範囲でのことだったり。って作者さんはすごく頭がいい人だな~って思いました。読んだ後は僕が持ってたミステリー小説の観念よりも驚くほどすっきりした結末でした。面白かった。ミステリー小説に対する偏見がなくなりました。


・僕はみなさんお分かりのように文章がうまくありません。すごくもどかしい。自分の気持ちを言葉にするってやっぱり難しいですね。自分の思ってること全て言葉にできるのもそれはそれで良くないことなのかもしれないですけど。テレパシーが使えればなって思うときがあります。僕は文章が人よりも下手なんで何回も何回も読み直しておかしいところを直していきます。気に入らなかったりしたら全部消してもう一回書き直しなんて事もしちゃったりします。まあでも、日記に関しては自己満足でやってるのでそこまで何回も見直したりとかはしてないですけどね。大切な文章、この今の自分の気持ちを相手に伝えたい・・っていう時、自分の文章力のなさに腹が立ったりします。自分の気持ちを書いてるつもりであっても相手の気持ちを考えず、こっちの考えばかりで相手を怒らせてしまうこともしばしば。そのフォローに文字を書いてもうまくいかなくて・・。ってなこともあります。文章うまいことに越したことはないですね。うまくなりたい。

スポンサーリンク